福岡県福岡市東区青葉の皮膚科クリニック

一般皮膚科・小児皮膚科

皮膚外科・美容皮膚科

813-0025福岡県福岡市東区青葉7-5-3ミスターマックス 土井店敷地内
Dermatology

皮膚科診療

江口皮ふ科のイメージ
江口皮ふ科のイメージ
江口皮ふ科のイメージ

皮膚に関する事は何でも
ご相談ください。

当院は、治療の良い面も悪い面も丁寧に説明を行い、患者様と一緒に治療に取り組む姿勢を大事にしております。
また、保険治療、保険外治療に関わらず、患者様一人ひとりに合った医療を提供します。
まずはお気軽にご相談ください。

対象疾患Target

湿疹・皮膚炎

  • 湿疹
  • 皮膚炎 (アトピー、かぶれ、フケなど)
  • じん麻疹
  • 薬疹

感染症

  • 細菌感染(ニキビ、とびひ、うみ、手足の腫れなど)
  • ウイルス感染(ウイルス性イボ、水イボ、口唇ヘルペス、帯状疱疹(胴巻き)など)
  • 真菌感染(水虫、カンジダ、マラセチアなど)
  • 虫感染(マダニ、疥癬、頭じらみなど)
  • 性感染症(性器ヘルペス、コンジローマ、梅毒、毛じらみなど)

できもの・しこり

  • うおの目
  • たこ
  • イボ
  • 皮膚腫瘍(ホクロを含めできものの良悪性等)
  • 皮下腫瘍(粉瘤など)

  • ケガ※縫合が必要な傷にも対応できます。
  • やけど
  • 床ずれ
  • ケロイド

爪・その他の皮膚

  • 巻き爪
  • しもやけ
  • 自己免疫性疾患(膠原病、水疱症(水ぶくれ)など)
  • 乾癬(皮膚の白いカサカサのある赤み)
  • 掌蹠膿疱症(手のひら足の裏のぶつぶつ)
  • 多汗症
  • 白斑(白なまず)
  • 脱毛症
  • その他皮膚のトラブル

美容の悩み

当院では、美容皮膚科診療も行っています。
最新型ピコレーザー治療は、経験豊富な院長・スタッフが対応します。

シミ/イボ/ホクロ/イレズミ/クスミ/ピーリング/薄毛/ピアス/高濃度ビタミンC点滴

検査Medical
examination

  • 採血

    採血

    一般検査、膠原病検査、梅毒検査など

  • ダーモスコピー

    ダーモスコピー

    ホクロの良悪性診断、その他

    症例
  • 真菌検査

    真菌検査

    水虫、カンジダ

  • アレルギー検査

    アレルギー検査

    採血、パッチテスト

  • 細胞診検査

    細胞診検査

    ヘルペス、帯状疱疹

  • 皮膚生検

    皮膚生検

    確定診断、良悪性診断

  • 肌診断(肌のキメ)

    肌診断(肌のキメ)

    肌診断の料金は頂いておりません。いつでもご相談ください。

    症例

治療機器等Machine

様々な皮膚の病気に対して適切に内服、外用、注射などを必要に応じ使用致します。
症例によって下記の医療機器等を用いての治療や、更に治療効果を高めたりする場合もございます。

Qスイッチレーザーの
次世代機

ピコレーザー(エンライトン)

有効なもの:シミ、ホクロ、イレズミ、クスミ

ピコレーザーは福岡市東区で唯一*当院のみが導入している低侵襲でリスクの少ない優しい最新型医療レーザー機です。ピコレーザーには現在3機種がありますが、日本で唯一厚労省に承認されているエンライトンを導入しています(福岡県で4台目*)。

*2017年7月3日開業時点

炭酸ガスレーザー

CO2 エスプリ

有効なもの:イボ、ホクロ、巻き爪、稗粒腫、手術時の切開など

大学等でも導入されている一般的な炭酸ガスレーザー機です。
設定を変えることで様々な疾患に対応できます。

紫外線治療

ジェイトラック
エクシス308

有効なもの:アトピー、乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、脱毛症、痒疹

当院では2種類の紫外線治療機があるため、下記疾患に対して病変の大きさや拡がりに応じて適切に使い分け効果を得ることができ、また不要な箇所への照射を避けることができます。ジェイトラックは半身~全身(アトピー、乾癬など)、エクシス308は部分(白斑、掌蹠膿疱症、脱毛症、痒疹など)に照射します。照射時の痛みなどはありません。

赤外線治療

スーパーライザー

湿疹、皮膚炎、ニキビ、神経痛、しもやけ、傷

温かい赤外線を照射します。照射時の痛みなどはありません。
血流の改善、痛みの緩和、炎症を抑え、傷の治りを良くする効果等があります。

丁寧な施術を行います

日帰り手術

経験はもちろんのこと、局所麻酔(痛み止めの注射)、手術に使う糸を術後の患者様目線で選んでおります。病理診断に至るまでしっかりと責任を持って行います。

水イボ治療Water wart

水イボは伝染性軟属腫ウイルスによる感染性疾患です。

通常大人にはほとんど感染しない子供の病気ですが、免疫ができれば時間の経過と共に完治することから、
小児科では放置することを勧められるようです。

しかし、1年以上症状が続いてしまったり、逆に徐々に増えてしまうこと、また兄弟、姉妹、お友達に感染させてしまう危険性もあります。保育園、幼稚園、スイミングスクールではプールに入水を断られることもあるようです。

当院では、患者様のご希望を伺い、以下の3つの治療方法をご提案しています。

3つの治療方法

硝酸銀ペーストを利用

痛みはないが、確実性が劣るため、2週間に1回程度の通院が必要になります。

麻酔のテープ、ピンセットによる除去

麻酔テープの即効性が無い為、ご自宅でテープを事前に貼ってご来院頂く必要があります。痛みは軽減でき、確実性も高めです。

ピンセットによる除去

痛みはあるものの、確実性・即効性が高く、通院回数が最も少なく済む治療法。